分布式发电

地球温暖化問題は、温暖化、酸性雨、オゾン層の破壊、砂漠化など多岐にわたる課題を含んでいます。特に、地球温暖化による環境の影響度は、科学的に十分に解明されているわけではありませんが、世界が協力して取り組む共通の課題となっています。

分布式发电 美国

近年、人の活動に伴う温室効果ガスの排出が著しく増加し、地球の平均気温が上昇する「地球温暖化」が世界的な問題となっています。
地球温暖化とは

分布式发电和分散式发电的区别

地球温暖化対策を進めるにあたり、最適なエネルギーミックスを追求することを基本に、「供給側のエネルギーの低炭素化」「お客さま側のエネルギー利用の効率化」という需給両面での取り組みを推進しています。
電気事業における地球温暖化問題に対する考え方

電気事業における低炭素社会実行計画

電気事業連合会関係12社※と新電力有志は、2016年2月に「電気事業低炭素社会協議会」を設立しました。これに先立ち、2015年に、低炭素社会の実現に向けた自主的枠組みを構築するとともに、「電気事業における低炭素社会実行計画」を策定しています。電気事業連合会関係12社は協議会の一員として、引き続き主体的に地球温暖化問題に取り組んでまいります。
※北海道電力株式会社、東北電力株式会社、東京電力ホールディングス株式会社、中部電力株式会社、北陸電力株式会社、関西電力株式会社、中国電力株式会社、四国電力株式会社、九州電力株式会社、沖縄電力株式会社、電源開発株式会社、日本原子力発電株式会社
電気事業における低炭素社会実行計画

CO2排出実績の分析·評価

最新のCO2排出実績等につきましては、こちらをご覧ください。
CO2排出実績の分析·評価

ページトップへ